ログイン

※初回申込の方はそのままセミナー詳細、お申し込みページへお進みください。
メールアドレス(半角英数字)
パスワード(半角英数字6文字以上)
メールマガジン登録

※通常会員様は、ログインしていただき、登録情報編集ページ よりDMを受け取れる設定に変更をお願いします。

エキスパートナース(@expert_nurse)
友だち追加数

プチナース(@petit_nurse)
友だち追加数

エキスパート看護セミナー2014

看護セミナーレポート

看護教育

成績がのびる!考える力がつく!
現場で活躍できる看護師を育てる教育
【協同学習】【反転授業】

看護セミナー詳細レポート

看護セミナー詳細レポート

毎年、好評いただいている看護教員実力アップセミナーの夏のテーマは、今、注目の「協同学習」と「反転授業」です。このテーマの第一人者である池西静江先生と安永悟先生を講師にお迎えしてお届けした福岡会場の様子を、いちはやくお届けします!
講師の先生が実際に取り組まれている内容をお話いただくので、すぐに授業に役立つヒントが満載です。
セミナー1「なぜ、今、授業のありかたを考える必要があるのか」
セミナー2「今、注目しておきたい看護教育に生かす反転授業」
 まず、なぜ、今、授業のあり方を見直す必要があるのか――医療・看護現場を取り巻く社会の変化と、求められる看護師像を池西先生が詳細に解説してくださいました。そして、今注目すべき「反転授業」について、解剖生理の授業を例に詳しく紹介いただきます。具体的な授業の内容に、「自分の授業でも取り入れることができそう」との参加者の声がたくさんありました。
レジュメには特別資料として「解剖生理の反転授業」も収載。明日からの授業に役立ちます。
セミナー3・4「協同学習の基本と実際」
 午後は、安永先生による協同学習の講演は、実際に参加者が4人一組になり、協同学習を体験しながら具体的な技法を学んでいくため、「体験することによって、意味や重要さが理解できた」との声が多数でした。特に、ラウンドロビン*などの教育技法は、明日からの授業にすぐに役立てそうです。また、「ともに学び、高め合う」協同の理念に共感を覚える先生方もたくさんいらっしゃいました。
*ラウンドロビン:何かの役割・出番をたくさんの物事・人員で交替しあいながら進めること
最後は参加者同士、理解を深め合うことができ、喜びに溢れた講演の締めくくりとなりました。

講師:池西静江(いけにし・しづえ)先生  (Office Kyo-Shien・代表) 前(専)京都中央看護保健大学校・副学校長。統合カリキュラム教育への課程変更、4年制の看護学科設立にかかわり、現在はフリーで看護教育を支える役割を担う。

講師:安永悟(やすなが・さとる)先生  (久留米大学文学部・教授) 九州大学大学院を修了後、久留米大学に勤務。専門は教育心理学。2004年、研究仲間と共に「日本協同教育学会」を設立。「協同による活動性の高い授業づくり」を標榜し、LTD話し合い学習法を基盤とした授業づくりに関する理論的・実践的研究を展開している。現在、初年次教育学会会長。

講師:須藤文(すどう・ふみ)先生  (久留米大学・非常勤講師) 久留米大学大学院心理学研究科前期博士課程修了。修士(心理学)。日本協同教育学会理事。専門分野は教育心理学、協同教育。

エキスパートナース(@expert_nurse)
友だち追加数

プチナース(@petit_nurse)
友だち追加数

ページトップへ戻る